データ復旧サービスやコピーサービスを利用する~精密機械部~

オフィス

コピーサービスの始まり

CD、DVDから始まった

オフィス

コピーサービスとはその名の通りとある記録メディアや記録装置から別の記録メディア、記録装置にコピーするサービスです。基本的にはデュプリケーターを使用したコピーサービスをするのが一般的で一番対応している数が多いのはCD、DVDです。この2つは形こそ似ているが容量などが違いますが基本は同じなので対応してくれます。デュプリケーターではこのCD、DVDが一体化したものが多いのも事実ですが、CDからCD、DVDからDVDにしかコピーが出来ないので注意してください。またこのデュプリケーターは発展した時にUSBメモリのコピーサービス、HDDのコピーサービスができるようになり、HDDを別のところにコピーして利用することができます。

SSDなどにも対応する

HDDなどの手厚いサポートをうけています。コピーサービスのデュプリケーターですがこれからはSSDにも対応するのでなないのでしょうか。今や2.5インチが主流になり、SSDでも2.5インチを使用しています。今のHDDは2.5インチと3.5インチとで分かれています。規格としてはSATAを使用しているので接続部分では変わりはありません。ですのでインチの違いだけで使用することには問題なく使用することができます。HDDをSSDにコピーをしてそれをパソコンに入れて起動することもできるようになるのではないでしょうか。Windowsを使うのであればSSDの方がいいとよく耳にしますので、変えてみたいのであれば一度試してみましょう。