データ復旧サービスやコピーサービスを利用する~精密機械部~

オフィス

利用方法や機能を知る

大きさと機能による違い

オフィス

コピーサービスを提供できるものとして利用されるのがデュプリケーターです。このデュプリケーターを使用しないとコピーサービスを行うことができません。ではどのぐらいの費用がかかるのでしょうか。デュプリケーター自体だと約30万円から多くて100万円かかることがあり、どの機能、どのぐらいのHDDなどの記録装置をセットできるかによって価格が変わります。DVDだと安くて5万円ぐらいですむという具合で、汎用性の高いに記録装置、記録メディアであれば、そこまで高くはありません。逆にHDDなどの記録装置では100万円ぐらいはかかります。容量が多くコピーする内容も多いものほど高額になる傾向になり、セットできるのが6個などになれば高くなります。

CDDVDからUSBなどに

コピーサービスはもともと記録メディア系をコピーして、大量に作るという目的で作られました。CDであれば、音楽をコピーして、ジャケットをつけて販売、DVDであれば、映画などの映像をコピーして販売というシステムでした。今ではこのコピーサービスに使うデュプリケーターが企業や一般家庭でも使えるようになり、デュプリケーターを使用したHDDのコピー、USBメモリのコピーなど様々なものにコピーをできるようになりました。まだ対応していない記録装置などもありますが、これらは今後対応されていき、HDDからSSDにOSごとコピーをしてそれをパソコンにセットしてパソコンを使用することもできるようになります。こうすることで新しい記録装置に入れ替えることができるのです。